デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

インドのロックダウン61日目!!

インドはロックダウン、、61日目に突入しています。

(もう61日たったのには、びっくりです) 

 

デリー、グルガオンは暑くなってきました。

今週は40℃に達するようになってきて、夏が来ました!!

(おかげ先週まで悩まされていた蚊がいなくなりました!!)

 

コロナの現在の感染者数は131,868人

(いつの間にか世界11位。。)

1日5000人以上のペースで増えてます。

日本が現在1万6千人程度で、頭打ちになったのと比べて

インドの増加傾向は緩やかになることなく、増え続けています。

 

www.mygov.in

 

感染者数が多いのは

ムンバイのあるMaharashtra州

デリー準州

チェンナイのあるTamil Nadu州

Rajastan州

Madhya Prades州

この地域だけで全体の7-8割を占めてます。

 

現在はロックダウン4.0。5月18日から5月31日までです。

ガイドラインは、前回の3.0とほとんど変わりがありません。

ただ、州間でのバス、乗用車の移動が可能になりました。

 

https://static.mygov.in/rest/s3fs-public/mygov_158972288555063671.pdf

 

ロックダウン3.0から引き続き、

感染者の多い、増加傾向にあるRED ZONE, Containtment Zoneは厳しい封鎖が

続いていますが、

それ以外の地域では、徐々に緩和が進んでいます。

 

ウチの職場も限定的に活動を再開しています。

(ちゃんと政府ガイドラインを守って、ソーシャルディスタンスを保っています)

自分も毎日ではないですが、州政府の許可を経て、職場に行っています。
(外出できるのは朝7時~夜7時のみですが)
タクシー、リキシャーは見かけるようになりました。
アルコールも解禁されました。
開店しているキオスクの数も増えてきました。

 

そして、国内線の運航も開始しました!(これは25日の予定です)。

 

www.ndtv.com

 

 一方、レストラン、ショッピングモールは閉まったままです。

メトロも動いていません。

スーパーマーケットも17時には閉まります。

 自分も基本仕事以外では外出してないです。

デリー⇔ハリヤナ間の移動は基本出来ません。

 

とロックダウンは基本続いてます。

 

あと、Containment zoneは特定の地域で感染者が増えると政府が設定します。

なので、自分の職場の近くでもContainment Zoneが急に設定され、

設定された翌日から、

その地域へ人々は入れない、出れない。という状態になりました。

なので、ロックダウンは緩和する傾向にあっても、

感染者が再度増加すれば、封鎖する。という緊張状態は続いています。 

 

 

スラムのマーケットの方もロックダウン3.0の時は変わりがなかったですが、、

4.0からは、店が少しずつ再開できるようになってきました。

 

ちょっとずつ緩和されるようにはなってきましたが、まだまだ感染者多いです。

5/31以降もロックダウンは継続だと思います。

自分も引き続き、気を付けて生活していきます。

 

ではでは!