デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

【アフリカの国の紹介】 タンザニアその1 ~オススメ観光 キリマンジャロ登山~

今回紹介したい国はタンザニアです。

 

自分は旅行、青年海外協力隊タンザニアに行ってました。

タンザニアは2年以上滞在していたので想い入れはいっぱいあります。

 

 

タンザニアは東アフリカの国で、

ケニアの南、ザンビアモザンビークの北にあります。

 

f:id:mumu_shin33:20200528225817p:plain

 

日本からの直行便はなく、乗り継ぎで行くしかないです。

主要言語はスワヒリ語

アフリカの言語の中では一番有名な言語ではないでしょうか。

「ジャンボ」とか「ハクナマターター」とか有名なフレーズです。

 

ただ、タンザニアの人々は多数の民族が集まってできている国なので、

彼らはスワヒリ語と自分の部族の言葉をしゃべります。

あときちんと教育を受けた人は英語もしゃべりますので。

3言語も話せたりします!!すごい。。と思ってました。

自分もタンザニアにはいた時はスワヒリ語の挨拶と、

さらに自分の住んでた地方の民族の言葉の挨拶を覚えて、

タンザニアの人と交流していました。

(地元の言葉で挨拶するとめっちゃ喜んでくれます)

 

タンザニアにはあの有名なマサイ族もいます。(タンザニアケニアにいます)

主要都市ダルエサラームで警備員の仕事をマサイ族がしてたりします(笑)。 

 

タンザニアで有名なのは、、やっぱり観光です。

 

キリマンジャロ(アフリカで一番高い山)

セレンゲティ、ンゴロンゴロ(サファリツアー)

・ザンジパル(リゾート)

 

ここらへんやめちゃくちゃ有名です。

アフリカの山と言えばキリマンジャロ

そして、サファリといえばケニアタンザニアだと思います。

ザンジバルもリゾート地として、有名です。特に欧米の人が多く来ます。

 

ここでは、キリマンジャロ、とンゴロンゴロ、セレンゲティについて、

紹介したいと思います。ザンジバルは行ったことないので(笑)

 

キリマンジャロ

標高5895m。アフリカで一番高い山。日本の富士山(3776m)よりも高いです。

 

f:id:mumu_shin33:20200531201340j:plain

キリマンジャロ。赤道直下でも雪があります。

 

5895mと聞いて「絶対登れない」とみんな思ってしまいがちですが、

みんな登れます。登山経験など全くない多く協力隊の人が登れています。

道のりはハイキングを5-6日続ける感じです。

絶壁の山を登るみたいなことはないです。

なので登山初心者でも登れる山です。 

 

唯一の壁は「高山病」。

高山病は、、体調整えて、薬を準備して、

日数かけてゆっくり登れば、なんとかなります。

(といつつ自分はかなり苦しみました(笑)でも山頂まで行けました)

この高山病さえ乗り越えれば、みんな登れます。

景色も素晴らしいし、標高5000m超えの山を簡単に制覇できる、オススメの山です。

 

ルートが何個があるのですが、マラングルート、マチャメルートがオススメです。

両方とも1日余分に高度順応日を設けてる日程にするのがオススメです。

(もちろん旅行日程によるのですが、、)

自分は4泊5日のマラングルートで行きましたが、可能なら5泊6日にした方がいいです。

あとマラングルートはテントでなく、コテージ宿泊なので、

初心者はより良いのではないかと思います。

 

f:id:mumu_shin33:20200531201637j:plain

マラングルートのコテージ

f:id:mumu_shin33:20200531201710j:plain

ベッドで寝れます。

 

キリマンジャロは単独では登れません。

必ずガイド,コック、ポーターを付けなければいけません。

4泊5日(or5泊6日)の日程でも荷物の心配することなく、

食料は運んでくれますし、山頂まで道案内してくれます。

なので、自分自身は身軽に登れます。

f:id:mumu_shin33:20200531202106j:plain

荷物運んでくれます。

そして、食事も心配いらないです。

 

f:id:mumu_shin33:20200531202224j:plain

 

食事は普通に美味しいです。

 

マラングルートは1日目、2日目、3日目と登って。

4日目に山頂アタックして、途中まで下山。5日目で最後まで下山。

という日程です。

徐々に緑がなくなって、風景が変わっていく様子は素晴らしいです。

 

f:id:mumu_shin33:20200531203702j:plain

登山1日目の道の様子

 

f:id:mumu_shin33:20200531203751j:plain

登山二日目の様子の風景。

f:id:mumu_shin33:20200531203903j:plain

登山3日目の道

f:id:mumu_shin33:20200531204018j:plain

山頂付近の様子。氷に包まれてます。

最新の情報は現役の協力隊に聞くのがオススメです(笑)。

キリマンジャロ登山の拠点、「モシ」に住んでる隊員が多くいます。

この人たちは、旅行会社とか、むちゃくちゃ詳しいです(笑)

 

セレンゲティ、ンゴロンゴロのサファリツアーについてはまた書きます。

 

ではでは!