デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

霧の街アムリトサル(デリーも)。おまけ。

こんにちわ。

 

農民のデモはまだ続いてます。

ichi.pro

 

その為、今週も高速道路の一部が封鎖されることに起きてます。

おかげ今週は一回、自宅へ帰れませんでした。

 

夜、帰宅しようとしたら、大渋滞。

2時間は全く動かない状態続きました。。。

「この状態が朝5時まで続く。。」

と言われ、、もう諦めて、近くのホテルを探しにそこに泊まりました。。

しばらくはこの状態がつづくかも、、です。

 

 

 


今回はアムリトサル旅行記続き(おまけ)です。

アムリトサルでも似たこと起きました(笑) 

 

shin33.hatenablog.com


アムリトサル⇒デリーへ帰ろうとしましたが、、、
予定した飛行機がキャンセルになりました。(T_T)

霧のためです。


12月後半~1月はデリーは霧がひどいです。

かなり視界が悪くなります。
(今週自宅に帰れなかったのは、農民のデモと、この濃霧のためです)
アムリトサルもデリー並、もしくは、デリーよりもやばいと思いました。

f:id:mumu_shin33:20210110170531j:plain

アムリトサル、黄金の寺前。霧がすごいです。

 

とはいえ、街中のアムリトサルは午後になると霧も晴れて、普通に視界も開けてたので、問題ないと思ってました。

f:id:mumu_shin33:20210110221610j:plain

午後16時のアムリトサル。霧は晴れてました。




が、帰るため、空港に向かって行くと、、どんどん視界が悪くなる。
ちょっと大丈夫かなと、、と思いました。

(とはいえ、この時は、まー飛ぶだろと思ってました)



そして、
空港へ着いてチェックインしようとすると、、、

「チェックインはするが、、本機はキャンセルになるかもしれない」
と言われました。。

 

この時点で、やばい。。
「飛ばなかったら、どうしよ。」
と思ってました。。

心配しながら、チェックインして、セキュリティチェックを通って、
待合エリアにいたら、
「キャンセルになりました」
と職員から連絡。。。

 

そして、
こんなメールも届きました。

 

f:id:mumu_shin33:20210110172912p:plain

ショックなメール

職員からは、、
「払い戻しか、別のフライトへの変更か、どっちか選んでくれ」

「ただし、明日も飛ぶかはわからない」

と言われました。

もうSpcie jet(乗る予定だった飛行会社)を使うのはイヤと、、思い。
「払い戻し」
を選びました。


で、その後はまず、
その日の他のフライトはあるか、、確認。。

ダメでした。。
全て満席で、さらに今日、飛ぶかわからない。
とのことでした。

もう諦めて次の日のフライトを取りました。(別会社です)


そして、ホテルを探して、取りました。


Spice jetの職員に
「ホテル代は払ってくれるのか??」
と聞いたら
悪天候はウチの責任じゃないから、ホテル代は払えない」
と言われました。。

たしかに調べると、悪天候の場合のキャンセルは宿泊代は出ないそうです。
宿泊代が出るのは機材故障など、欠航が航空会社の責任による場合のみ。

 

travelist.jp


もう真っ暗で霧の中に街中戻るのも不安だったので、近くの宿を取りました。


そして次の日、
帰りました。

もう夜のチケット(当初は19;20のフライト)は危険だと思ったので、
午前のフライトにしました。

次の日もかなりの濃霧で、、飛ぶかなと、少し心配しましたが、飛びました。

f:id:mumu_shin33:20210110173845j:plain


これ、空港の駐車場。

 

  

f:id:mumu_shin33:20210110174017j:plain

これは空港前の道路。午前9時前の状態です。 

 

f:id:mumu_shin33:20210110174102j:plain

滑走場も真っ白。

でもちゃんと飛んで、デリーに帰れました。

そしてデリーもそれなりの濃霧でした

f:id:mumu_shin33:20210110174215j:plain

デリー空港も霧だらけ。。

この時期は、、霧のこと考えて、、
夜発(着)はできるだけ控えた方がいいなと思いました。
特に国内線は。


実は、前回のハンピへ旅行行った時も、
帰りに予定していた飛行機に乗れませんでした。
(これは、、単純に遅刻しただけですが、、)


最近帰らないことが、、続いてます(笑)。


この旅行で、普段とは違うインドの一面が見れて良かったです。

ではでは!