デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

第2波中のスラム

こんにちは。

デリー、グルガオンのロックダウンが続いてます。
食料品、薬品など必要不可欠な店以外は閉まってます。
(デリバリーはやってますが)

f:id:mumu_shin33:20210509220752j:plain

薬局が空いてるくらいで、普通の店は閉まってます。




デリーは4/16から、もう3週間以上、ロックダウンが続いています。
その為か、新規感染者数が減ってきました。一時期3万人/日近くまでいってたのが、
今、17,000人/日程度。


ただ、2カ月前の3月9日時点は200人程度だったのが、
この2カ月で急増、変貌ぶりが凄まじいです。。

f:id:mumu_shin33:20210509141405j:plain

デリーの推移


同様にムンバイのあるマハラシュトラ州も感染者が減ってきました。

と、一部では良い兆候は出てます。
ただ、インド全体としては40万人/日で安定してるような状況で、
まだまだ減っていきません。

 

 

f:id:mumu_shin33:20210509141314j:plain

インド全体ではまだ低下がしてく気しません。



現状は、去年のピーク時比べて感染者数も4倍。死者数も4倍。
致死率には大きく違いないようですが、
感染者数は多いです。
酸素が足りないらしく、闇で取引でされるようです。


f:id:mumu_shin33:20210509135338j:plain

今は、前回のピーク(10万人)の4倍。

f:id:mumu_shin33:20210509135533j:plain

死亡者数も前回のピークの4倍。


一方、
スラムの方の教室はクローズしてます。
デリーでロックダウンが始まった時からクローズしてます。

スラム自体ではコロナは蔓延してないようですが、
必要不可欠以外の店がクローズさせられてるので、
お金を稼げず、生活が苦しくなってます。

www.nna.jp


前回のロックダウン同様、貧困層への支援はあるようですが、
恐らく十分な量はないかと思います。
(前回も十分な量はなかったです)


f:id:mumu_shin33:20210509134552j:plain

ロックダウン中のスラム




f:id:mumu_shin33:20210509134508j:plain

人通りはやはり少ないです。

f:id:mumu_shin33:20210509134419j:plain

マーケットにある食料品も心なしがすくないです。

f:id:mumu_shin33:20210509134524j:plain

子供達はちゃんといます。

コロナにより、病院では酸素不足、スラムでは生活苦しくなる、という。
ほんと厳しい状況です。

ただ、スラムでコロナが蔓延せず、
みんなが暮らしていることがわかって、ちょっとホっとしてます。

ではでは!!!