デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

6月

6月です。

デリー、グルガオンともにロックダウンは続いてます。

ただ感染者の方は、かなり減ってきました

6/6の新規感染者数

インド全体で11万人
デリーでは414人。
ハリアナ州で723人

 

f:id:mumu_shin33:20210606185903p:plain



f:id:mumu_shin33:20210606185832p:plain



去年の第1波のピークが9月で凡そ10万人だったので、
その規模までは減ってきました。
デリーはかなり少なくなってきてます。

他地域は、
タミルナドゥ州(チェンナイのある州)で2万人
マハラシュトラ州(ムンバイのある州)で1.3万人
カルナタカ州(バンガロール)で1.3万人
西ベンガルコルカタのある州)で0.7万人
と、これらに地域はまだ多いです。


ただ、5/30の新規感染者時点では、
インド全体では16万人
デリーでは956人。
(で3月末くらいの状態です)


ハリアナ州で1868人

他の地域で、
タミルナドゥ州(チェンナイのある州)で3万人
マハラシュトラ州(ムンバイのある州)で2万人
カルナタカ州(バンガロール)で2万人
西ベンガルコルカタのある州)で1万人

と5/30の時点からも減ってきてます。

あと、

5/24からハリアナ州(グルガオン)は少しロックダウンが緩くなりました。
モールは開けれませんが、個別店舗の店は営業できるようになりました。

徐々に店が開きはじめてます。

f:id:mumu_shin33:20210606190340j:plain




f:id:mumu_shin33:20210606190017j:plain


明日からは、、いよいよロックダウンが解除になるか、、
といった状況です。


ではでは