デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

空の街。レー③。ラダック料理。

こんにちは

今回はレー・ラダック旅行中に食べた料理の紹介です。

レー・ラダック料理はカレーと違いスパイスが弱くて日本人には優しい味です。。

 

今回泊まった宿はストック村にいらっしゃる日本人女性(とその旦那さん、ラダックの人人)の経営する家です。


neo-ladakh.blogspot.com


なので基本的には、ホームステイ先で料理を食べました。
ホームメイドのラダック料理。とても美味しかったです。






まずはビリヤーニ。これはインド料理に近い?のかと思いますが、
インド料理ほどスパイスが聞いてなく、落ち着いた味でとても美味しかったです。

f:id:mumu_shin33:20210926223710j:plain



ラダックという地域では野菜が貴重だそうです。特に冬場は。
この地域は冬季は-20℃といった寒さになるためです。
さらに外界との道が冬季は雪で遮断されるため、基本、物資はこないのです。
なので、冬は基本保存食で生活するそうです。野菜はとても手に入らないそうです。
冬に強い限られた根菜?とかしかないとのこと。
最近は飛行機があるので、まったく調達はできないわけではないのですが、
飛行機輸送でくるまた、値段が高いそうです。

なので、野菜を食べれること、とてもありがたっているように感じしました。

f:id:mumu_shin33:20210926223931j:plain


これはラダック料理です。(すいません、名前忘れました)
リングイネ、マカロニみたいのと鶏肉の料理で、、美味しかったです。
味付けも優しくて、、美味しいです。


続いては朝ごはん。

f:id:mumu_shin33:20210926224653j:plain


バンとラダック伝統の食べ物と野菜です。

パンはこのラダック人の旦那さんの自家製パン。美味しかったです。
大麦で作ったパンです。
ラダックは寒い地域のため、小麦でなく大麦の栽培がさかんだそうです。
この家でも大麦を栽培してました。

あとは、左にある団子みたいのはラダックの料理。
冬の保存食として食べれるようで、ヨーグルト?チーズ?酸味のある味です。
下の写真のスープにつけて食べます。


f:id:mumu_shin33:20210926224803j:plain


食べたら、暖まってエネルギーの出る感じの味でした。
これはラダックの寒い冬に食べたら元気出そうだなと思いました。

f:id:mumu_shin33:20210926225203j:plain



これはチベットでよく食べられる。。パン。(すいません、また名前忘れました)
中華料理の肉まんの皮のよう味で美味しいです。

f:id:mumu_shin33:20210926223714j:plain


そして、これはチベット料理でもあるトゥクパ。
麺です。中華そば?みたいな味で日本人にとっても美味しい料理です。

といった感じで、、、ラダックの料理は最高です!!




あとは、この家の周辺をぶらぶら散歩してました。
とても、のどかで、すれ違うレーの人達もみんな優しい感じで、
ただ歩いててもほっとします。

f:id:mumu_shin33:20210926231211j:plain


別世界だったレー。
サイコーでした。

ではでは!