デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

神々の山の国。ネパール3。カトマンズ観光!

こんにちは。


ネパールのその3です。

ポカラでトレッキングした後、カトマンズに戻りました。
で、カトマンズの各観光地を巡りました。


●パタン・ダルバール広場
旧王朝の広場、たしかに古都って感じで京都、奈良を思い出させます。
人がすごくて、ネパールの人達にとっての観光スポットなんだな思いました。
地震のせいで壊れたためか、、修復中の建物が多かったです。
まわりマーケットもこの王宮と同化してて雰囲気良かったです。

 

 


ちなみに外国人観光客だけ入場料が必要になります。(1000ネパールルピーほど)

あと、ダルバールは他の場所にもあります。
タメル地区から歩いて行ける場所にもダルバール広場があって、
あっちの雰囲気も良いです。


あと、カトマンズにはもう一か所ダルバール広場があるそうです。
(ここは行ったことないです)
「ダルバール広場」が「王宮広場」という意味であり、
それぞれ、別の王の広場ということです。



●チャンドラギリ
カトマンズの外れにあるヒマラヤのビューポイントです。
ロープウェイで2000m以上の高地まで行ってヒマラヤを見ます!
ルクラ行失敗、ポカラでも山は見れずだったので、、、
ある意味、最後のチャンス!
、、でもやはり今回もヒマラヤは見れませんでした。
雲がかかって、、、何も見えず(笑)

やはり、、また来い。と言うことかと思います。

ただ、ロープウェイで一気に2000mまで昇るのは中々面白かったです。
オススメです。(ロープウェイ代がかなり高いですが、、往復22USD)

ロープウェイ!!

雲に入ってきます!

 

山頂には寺もあります。

ビューポイントのはず。。だが見れず!

頂上には食堂もあります。地元の観光客がいっぱい。






●スワヤンブナート寺院
猿の寺って呼ばれてるくらいに猿が多い寺らしいですが、、
たしかに猿があちらこちらにいました。


 

真ん中の壺?にみんなお賽銭を入れようとしてました。

ここのストゥーパも中々大きく、迫力ありました。

 

マ二車(一周回すとお経を読むのと同じ効果があるチベット仏教法具)回してます。


 


多くチベット仏教の方が、お祈り捧げてました。
地元に人にとって大切なお祈りの場所だろうと思いました。

チベット仏教は、カトマンズに多いのかな??と思いました。
たしか、ネパールはヒンズー教が多かったと思いますが、、


●パシュパティナート

ここはヒンズー教の聖地です。
カンジス川が流れるヴァラナシに似た感じで、
バグワティ川が流れるバシュパティナートといったところです。

ヴァラナシと同じように火葬場もあります。
雰囲気もヴァラナシに近く良かったです。
規模はヴァラナシよりも小さく、ヴァラナシよりも落ち着いてる、静かな雰囲気をでした。

 

ここが火葬場です。



 

 



●ボダナート・ストゥーパ


とてもでかいストゥーパがあります。
カトマンズの中心部から離れたところ、カトマンズ空港の近くにあります。
このストゥーパなんといっても大きい!迫力がすごいです。
上から見れる場所もあって、その迫力は素晴らしかったです!

マ二車(回すとお経と同じ効果がある、チベット仏教の法具)
ストゥーパの周り全周にあって、これを一周回せます。


熱心なチベット仏教の方は五体投地(全身を地面に突っ伏してお祈りする方法)
でお祈りしてる方もいました。

ガイドブックを見て凄そうだったので、いつか行こうと思ってましたが、
期待通りに迫力があってよかったです。

 

 

 

 

 





たくさんの巡礼者がいます。

時計まわりでまわらないといけないため、みんな時計回り回ってました。。


周りにはレストラン、お土産屋、チベット仏教関連のお店がたくさんならんで、
宗教の聖地、観光スポットとして確立してる場所だなと思いました。

ホント迫力すごいので、、オススメです!!


今まで自分はポカラばっかりでしたが、
タメル地区といい、これらの観光スポットもいっぱいあって、
やはり、カトマンズも良い場所です。

ではでは!