デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

神々の山の国。ネパール4。Never End Peace And Love。

こんにちは


先日行ってきた国。ネパール。
Never
End
Peace 
And
Love
の国、Nepalです!!

トレッキング中、ゴレパニで泊まったホテルに貼ってありました。
カッコいいフレーズ!思わず写真にとりました。

ネパールは大好きな国です。
人々や優しくて、ほっとできます。なんというか人の圧がゆるい。
無意識?で張ってる気を張らなくていい。それが嬉しいです。
自然も多くて気持ちが良く、気温も適度に暖かくてすごし易いです。
そして、ヒマラヤ!これが壮大で神々しくて、圧倒されます。

ポカラへ行ったのも5度目!相変わらず、雰囲気は良かったです。
泊まったホテルはいつもと別でしたが、基本、ポカラのホテルの雰囲気は似てます(笑)

ポカラのホテルの雰囲気


前行ったのはコロナ前。
以前に比べると、、観光客向けのメイン通り店が多く閉まってるな、、と思いました。でも一方で、ローカル向けの店の方で新しい店ができてて、、発展してるな、とも思いました。


ネパール全体として今年から観光客はようやく戻ってきた、、と言ってました。
自分が行ったのは6月だったので、雨季。
観光シーズンではないので、観光客が少なめだったようです。
ただ、観光客はちょくちょくいました。

5月までは多かったそうです。しかもガイドが言うには、
「予想以上に戻ってきた」と言ってました。

良くなってるんだなと思いました。

ネパールでは食もありがたいです。。
ポカラ、カトマンズで食べた料理も美味しかったです。
西洋人向けのレストランも多いですし、中華、韓国、日本食レストランも多い!
ありがたいです。

チキンステーキ。うまかったです。

 

カトマンズ、タメル地区にあるなごみ、天ぷらそば最高です。

 

 

カトマンズ、タメル地区の桃太郎。すき焼きうどん。最高でした。

この桃太郎では、夕食で行ったのですが、、ずーっと満席でした。
(しかもネパールのお客様で!!)
すごい!

ポダナートストーパにある、桜。石狩鍋!うまい!揚げ豆腐は。。。。

さくら!



あとチベット料理屋も行きました。
前々から行ってみたかったカトマンズのUtse。
ここで鍋(gyakok)を食べました、、期待通りかなり旨かったです。
ただ、、量がすごいです、、、
鍋以外にモモ、野菜炒め、米、焼きそば、、食べきれません。。
鍋単体で十分です。

カトマンズ、タメル地区にあるチベット料理、Utse!!

 

gyakok。ほんと美味しかったです!ただ量が多すぎ!



あと、ネパール料理を食べました。
ネパールの現地の人の食事する機会があり、
Durbaru margの通りにあるお店でネパール料理を食べることになりました。
行ってみると、Hard rock cafe があったり!
デリーでよく見かけるMoti Mahalあったりで、
カトマンズで一番賑わってる地域のようでした!!
すごい人でした。

margは道という意味なので、、durbaru margは王宮通り。
確かに旧王宮の前の通りです。

Hard rock cafe!!

 

Moti mahal?

ネパールの中でのネワール料理(カトマンズにいる民族の人達をネワール族と呼びます)
をいただきました!

 

各種お肉。マトン、水牛、イノシシの肉。イノシシ美味かったです。

マトン。これもうまかったです。

イノシシの肉、マトン、鳥、水牛、どれも美味しかったです。
これなら、全然いけると思いました。
ネパール料理といえば、、モモくらいだったので(笑)
このネワール料理もおいしくてびっくりでした!
ちなみにイノシシの肉は特別な時出す肉だそうです(お祝い事の時など)



ここでネパールの人と話してたのですが、、

ネパール国内では十分な仕事がないそうです。海外からの仕事ばかり。
エンジニアを育てても、仕事が多くないこのネパールでは優秀なエンジニアはさらなる給料を求め海外(アメリカ、カナダ)にいってしまう傾向にあるそうです、

アメリカがインドやフィリピンに仕事だしてるとか、聞いたことありました。
それと同じかと思いました。自分の国内向けで仕事はないのは厳しい、と思いました。

そして、自国内に産業(仕事)がないだけでなく、「物もない」と言ってました。
食料系はインドから。原料など資材は中国からだそうです。
2か国への依存がむちゃくちゃ強いと言ってました。

たしかに、、ネパールの旅行中に見たお菓子、ジュースは、、ほぼインドで見たものといっしょでした。(haldiramもあるくらい。)
※ただ同じお菓子でもネパールで生産してるものもあります。

あとクルマもほぼインドからでした。
(しかもネパールの方が言うにはインド価格の2倍以上の値段で買ってるらしいです。
 税金の関係で)

自国に産業がなく、ゆえに働き口がない、、
スリランカでも似たようなこと聞いたことあり、工業系の大学を卒業しても、それを活かす仕事がないとのことでした。
それはタンザニアでも、ザンビアでも同じでした。

インドは産業はいっぱりあり、働き口はありますが、、、人口はそれ以上に多い。
需要と供給のバランスを考えるとやはり働き口は少ないのだと思います。
人口に対しての仕事の数は少ないと聞きます。

せっかく勉強して、大学卒業しても、自国に産業なく、エンジニアの働き口がないのでは、、国は発展してかないな、、と改めて、思いました。。
やはり、ネパールも厳しい環境だなと思いました。
(もちろん、産業、全くない訳ではないですが、)

現状厳しいですが、ネパールにはなんとか頑張ってNever End Peace And Loveの国になって欲しいと思いました。

そして帰りの飛行機で、、


今まで、さんざん見えなかったヒマラヤが見えました!!



飛行機が安定航行に入ってからの高度で山見えるってどんだけすごいんだ!
って思いました。
そしてこれをもっと近くでみたらどんだけすごいんだろうと思いました。
きっと、
「ヒマラヤの凄さ分かっただろ!すごいだろ!また絶対来いよ!
 もっとすごい見れるぞ、そしてこの国に貢献しに来いよ!」

って言ってる気がしました。。

また来ます!!ネパール!6回でも、7回でも!!

ではでは!!