デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

インドの映画館で黒人の方主体の映画を見る


え、、、
今まで、、全く知らなかったですが、
広告で、黒人の人ばっかりが出演してる映画があってびっくり!
なんだこの映画は??とびっくりしました。
最初はボリウッド映画で??と思ったら洋画でした。

ブラックパンサー

   

moviewalker.jp

 

調べたら、アカデミー賞も取ってる有名な作品でした。。。

こんなに黒人の人が前面、全面に出てる映画が誕生してるなんてテンションがありました。
なので、1も見て、、2も上映開始されたので、見てみました。


見てみるとホント、黒人の人ばかりでていて、主役級はみんな黒人で感動しました。
ワカンダは、、「ウガンダ」??。

親衛隊、オコエとかはホント黒人の人って感じで良かったです。
(マサイ族みたい)
あと、アフリカの民族衣装ぽいのもたくさんあってよかったです。。


でもアメリカ映画の中で、黒人の出演者でアフリカをイメージしてで作った作品だあなと思いました。

邦画には、邦画の雰囲気ありますし、
ボリウッドにはボリウッドの映画の雰囲気のがあるように
南アには、ナイジェエリアの映画にも、それぞれの雰囲気があると思います。
タンザニアで見てた映画も全然違う感じでした。
でもこのブラックバンサーは洋画って感じでした。

アフリカの部族全体をまとめてる感じもするし、
ちょっとゴリラ鳴きまねなんかするかな?、とかは、、思います。。

なので、アフリカ映画ではないと、、思います。
(そもそもアフリカ映画は存在せず、
アフリカにある各国で映画が特色は違うと思いますが、、)
ただ、アフリカの文化を感じる入り口って感じ良いです。

ただ、単純に1も2も映画として、楽しめましたので良かったです。
あっという間の2時間強でした
ヒーローは白人以外でもなれる。って映画。これからも増えて欲しいな思いました。


2の方は、1に、はまった人ならサイコーに楽しめると思います。


ちなみ2は、インドの映画館で見ました。

インド、映画館が無茶苦茶多いです。自分の家の近くで、
半径1kmに4個はあるとこあったりします。

 


インドの映画館だと、観客が素晴らしいシーンで拍手したり、
「ワカンダフォーエバー」と叫び出しだり、と、、静かに見ない時があります。
でも、こういう雰囲気は好きです。

あと、映画館の中のレイアウト、デザインも過去作品の名前が並べてあったりして、、
インドの人の映画愛が伝わります。
流石、ボリウッド映画の国、インドです。

ではでは!!