デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

スラムへお届け物

ナマステ!!

また先日、スラムに行きました。
いつもサンタンと行く、Zahkiraのスラムです。

いつものZakhiraのスラム


久しぶりでした。
サンタンはコロナ禍中に見つけた仕事をしつつ、
旅行客も少しずつ戻ってきたので、観光業も再開。スラムツアーも再開してます。
また学校は再開できてないですが。

今回はいろいろな服、おもちゃを頂いたので、それを配り行ってきました。

この冬の始まりの時期、温かい服はホントに必要だそうです。
配りにいったら、みんなに大人気。ものすごい行列と勢いでした。




 


あっという間に持って行った服、おもちゃはなくなりました。
みんな、モノが足りてないのだな、、と思いました。
全員に行き渡ることはないですが、
この物資でみんなの生活が一気に変わることないですが、
これで、みんなが少しでも喜べばいいと思います。


あと、少しオシャレというか、清潔感のある食事処ができてました

 


すこしずつ、このスラムの環境が良くなっていってるのかなと思いました。
物資もそうですが、この物資を上げたからといって一気にスラムの人々の生活が変わるだけではない。けど、、少しでも彼らの生活が楽になっていけば、思います


あとサンタン今、スラムの子供達を助ける団体を設立中です。政府へ申請中です。
今まで、サンタンはスラムで教室を借りて、子供達に授業をやるという活動を行っていましたが、特に団体を設立してやってるわけではありませんでした。

それをこれから正式に団体をして政府に登録して、活動をより促進していくつもりです。

Trustという形式だそうです。
インドではNPO/NGOを立ち上げる時に何種類か形式あるようで、、。
Trust, Society, companyといった形式があって、
Trustは一番簡易的に始められる団体です。

 

ngosindia.com


これで活動がより認知されていくと思います!


劇的に変化はないですが、
色々なことが少しずつ少しずつ良くなっていけばいいかと思います!!

ではでは