デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

スラムとその子供達

このブログでアップしていくスラムについて、紹介します。

  

このスラムはインド、デリーのZakhiraにあります。

デリーで最大規模のスラムです。

今もどんどん拡大しています。

田舎で生活ができずデリーに来て、ここに住み着いた人が多いです。

 

f:id:mumu_shin33:20191214215104p:plain

Zakhiraの位置

f:id:mumu_shin33:20191123203106j:plain

スラムの風景

 

電気、水もありますが、違法に使っている人達がほとんどです。。

 

俺も最初に来たときに驚いたのですが、、

スラム内で食料品なども日用品も買えます!!レストランもあります!!

が、衛生環境は良くないです。。

やっている仕事も、、大きく稼げず、危険、不衛生な仕事が多いです。

なので、なかなかこのスラム生活から抜け出せないです。

  

 

f:id:mumu_shin33:20191123203207j:plain

スラム内のアイロン屋さん

 

 

 

f:id:mumu_shin33:20191123210128j:plain

スラム内のキオスク

 

 

 

ここにいる子供達は

・制服等の必要経費が払えない。(学費自体はタダなのですが、、)

・家の仕事を手伝わなければならない、

・親が学校へ行く必要性を感じてない、行かせたがらない。

・学校自体がスラムの子供達を受け入れたがらない、

・学校での勉強についていけない

などなど、様々な理由で学校へ行けていません。

 

 

f:id:mumu_shin33:20191123210338j:plain

スラムの子供達

 

 子供達は

教育受けれない

⇒スラム内で生活、仕事をしていくしかない

⇒大きく稼げない

⇒スラムから抜け出せれない。

といった悪循環にはまっている状況です。

 

 

こういう環境でもスラムの子供隊は笑顔いっぱいです!

もしからしたら、日本の子供達よりも笑顔をいっぱいです。

 

彼らには、彼らの生活があります。

このスラムで生活する限りは勉強しても、

スラム内を活かす機会はないかもれしません。

なので、学校に行かせる必要性はないのかもしれませんが。。

でもそれではずーっと、スラムで生活するしかないです。

 

少なくとも

教育を受けさせて、彼らがスラム外でも働けるチャンスを作ってあげるべきだと思います。

 

少なくとも、

彼らが勉強できる機会ちゃんとはあるべきです。チャンスは平等にあるべきと思ってます。

 

サンタンとジョンはこの子供達のため支援をしています。

そして、おれ自身も、この子達のためにできること、やっていこうと思ってます。

 

f:id:mumu_shin33:20191123224436j:plain

サンタンと子供達