デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

ロックダウンから1年

こんにちは!!

ロックダウンから1年(と10日程度)経ちました。

1年前はコロナがこんなに長引くなんて思っていませんでした。
コロナは8月くらいには終わってるかと思ってました。
が、、またまた終わる気配なしです。



コロナの1日当たりの新規感染者は、、
ロックダウン中の4月~5月は
10,000人/日以下で抑えられてましたが、

アンロックダウンとともに増加、、

9月になると、、新規感染者は93,000人/日とかになって、
この頃はホントに流行ってました。
それで、ここからどうなっていくのだろう、、
新規感染者数が10万人/日も超えるだろうと思っていたら、
9月がピークで、それから徐々に落ち着いてきました。
10月は4万人台まで一気に下がりました。少しホッとしました。

そして、
12月末には、1万人台/日まで下がりました。
それから1月、2月は平穏でした。

このまま平穏が続くかなと思ってたら、
3月の中旬からまた一気に増えだして、
今、53,000人/日です。
特にマハラシュトラ州の感染増加がすごくて過去最高の34,000人/日
インド全体の7割近く占めてます。

インド全体か、、一部の地域でロックダウンがまだあるかもと、、、噂されてます。

f:id:mumu_shin33:20210331215242p:plain



ほんと不思議な1年でした。新しい体験ばっかりでした。

4月~5月初めはロックダウン。
ロックダウンの期間は、
インドでみんなが在宅。
あんなに騒がしい、カオスだったインドで、静寂。
日々が静かに流れてて、こんな生活もありだと思いました。

あと空もキレイで
「大気汚染は人為的なモノ。頑張れば、キレイな空は戻ってくるんだ」
って思えました。

そこから徐々にアンロックダウンしていきました。
10月くらいにはかなり普通の生活に戻って行った気がします。
(もちろん密なことにはいかないですが)
徐々に生活がまだ便利になっていくのはありがたかったです。



今年度の後半はインド国内旅行も何度かしました。


ただ、いつもは観光地にたくさんいる外国人がまったくいない。
バックパッカーの聖地?のメインバザールに外国人がまったくいない。
っていう不思議な光景を見ることできました。



外国人をターゲットしてる人達は相当な打撃を受けてます。
この前いった砂漠ツアーで会ったガイドは
「ロックダウン前はお客が10人以上/日だった。
 今は全く仕事が来ない。
 この前の客は2週間前、その前は3カ月前だった」
って言ってました。
やっばりそうなるな、、と思いました。

サンタンのスラムツアーも外国人がターゲットだったので、、お客はなしです。
スラムの人々もロックダウン中は仕事なし。
大変な打撃です。
そんな中、スラムの教室を再開して、少しずつ前に進もうとしています。

徐々にいろいろ動き出してるとこです!!

明日から新年度
やれること、やってきます。