デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

インド、ロックダウン19日目。

まだまだロックダウンは続ています。19日目です。

 

ロックダウンは4/14までの予定ですが、

感染者数は、、

4/8   感染5194例  (死亡149例)

4/9    感染5865例  (死亡169例)

4/10   感染6761例  (死亡206例)

4/11 感染7529 例 (死亡241例)

 

と、、収束の気配がないです。

さらに、、

デリー、グルガオンの一部では完全ロックダウン。

(食料品などの生活必需品の買い出しのための外出も禁止。 

 全てデリバリーで対応する。というものです。)

 

昨日、首相と各州知事が会談を行って、

ロックダウン延長で動くという記事があがってました。

デリー、コルカタといった地域が延長の方向だそうです。

(グルガオンは特に記事なし。。)

 

 

おそらくインド全体が延長だと思っています。。

むしろ、厳しく完全ロックダウンが広がるかも、、です。

 

 

スラムも苦しい状況続いてます。。

 

下の記事でムンバイのDharaviのスラム(スラムドックミリオネアのモデルのスラム)

で4人の方が亡くなったとあります。(先週の段階では1人)

感染者としては、、相当な数になっているでしょう。。

 

economictimes.indiatimes.com

 

 

youtu.be

 

Zakhiraのスラムではまだ感染者は出てないのですが、

近くに完全ロックダウンとなった場所もあるので、

みんな感染の可能性におびえています。

 

そんなかで、サンタン達による食料の配布は続いています。

(政府の支援も来ているそうですが、全員まで行き届いてないそうです。)

 

f:id:mumu_shin33:20200412162917j:plain

f:id:mumu_shin33:20200412162904j:plain

食料配布は続いています。

f:id:mumu_shin33:20200412162943j:plain

 

サンタン達、スラムのみんなが頑張っています。

 

ロックダウンを解けば、コロナが激増するので、ロックダウンは延長すると思います。

この延長で、さらにスラムのみんなの生活は苦しくなるでしょう。。


ふとSDGsの目標「貧困をなくそう」
のターゲットの1つを見る機会がありました。。

-----------------------------------------------------------------------------------
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。

--------------------------------------------------------------------------------------

imacocollabo.or.jp

 

今、まさに被害を被ってます。。

レジリエンス大事だと思いました。
スラムの人も、アフリカの人も普段はみんな笑顔いっぱいで、
うちら日本人より幸せかも、このままが良いんじゃないか、、
と思う時はしょっちゅうありますが、、
やっぱり、スラムを抜け出せるという選択肢は持てるべき。

と改めて思いました。

もやもやがつのるばかりですが、、、 
早く、コロナ収束すること願いばかりです。。