デリーのスラムとインドと国際協力と、エンジニアのブログ

メーカー機械系エンジニア⇒青年海外協力隊(タンザニア)⇒開発コンサル⇒インド現地採用エンジニア兼NPOボランティアのキロク

オンラインツアーのトライ

こんにちは

先日、スラムへ行ってきました。
オンラインスラムツアーの練習です。



まだまだ海外旅行に行けないこの状況。
スラムツアーで人を呼ぶことではできません。
なかなかスラム支援の資金が溜まって行かない状況です。。

そこで、オンラインでスラムツアーを企画しようと考えてます。
オンラインならば、どこからでもツアーを体験できます。

そのトライをやってきました。


日本からの参加者はレインボーチルドレンの関連の人達です。

携帯、zoomを使って、スラムの様子を写しながら、、、
参加者の方にスラムを見てもらいました。

撮影しながらサンタンがスラム内のお店や人々のことを紹介していきます。
そして、レインボーチルドレンのボランティアの方がサンタンの英語を
日本語へ通訳し、日本の方々へサンタンの話したこと、伝えます。

f:id:mumu_shin33:20211002185317j:plain

携帯で撮影しながら、スラムの様子を見せてます。

 

f:id:mumu_shin33:20211002185705j:plain

スラム内のお店とお兄ちゃんの紹介中。

f:id:mumu_shin33:20211002191726j:plain





f:id:mumu_shin33:20211002190057j:plain

ここでは、スナックを作ってるおっちゃんの紹介です。

他にも
●チキン屋さん
●魚屋さん
●スラムの教室
チャパティ製造工場
などなど、スラムの様子を見せていきました。


子供達は興味津々!たくさん集まってきました。
ものすごいいっぱいいて、ちょっとカオスでした(笑)

f:id:mumu_shin33:20211002192835j:plain

これはスラムの教室に通う女の子に覚えてもらった日本語をしゃべってもらってる様子です。

 

f:id:mumu_shin33:20211002193724j:plain

ギャラリーたくさん。


日本から参加した方々にスラムの様子をわかってもらえる、良い体験だと思いました。


ツアーの最後に設けた質問コーナーでは、たくさんの質問が出てました。
これも良かったです。

あと、このオンラインツアーだと子供も参加できます。
実際のスラムツアーはほぼほぼバックバッカー向けだったので、
基本的に大人の人達ばっか。

でも今回のトライには、日本の子供も参加してくれました。
子供にスラムをみてもらう、というのもとてもいい機会だな。
と思いました。

一番は実際に来れるようになることですが、
オンラインツアーならではな良さもあると気づきました。
良いトライでした!!!

ではでは!!